本文へスキップ

ビクトリヤ月経帯の広告資料集

ビクトリヤ月経帯の雑誌広告とパッケージ

ビクトリヤの広告資料集

女性雑誌の生理用品広告集HOME > ビクトリヤ月経帯広告・パッケージ資料集

―ビクトリヤ月経帯広告・パッケージ資料集

ビクトリヤ月経帯の雑誌広告


1914年に発売したビクトリヤは、大正時代から昭和初期、
戦中、戦後と長期にわたり雑誌への広告掲載を続けていました。


ビクトリヤの広告を掲載していた雑誌の表紙の一部

1915(大正4)年
『婦人画報』8月巻

1916(大正5)年
『婦人画報』3月巻

1917(大正6)年
『婦人之友』11月号

1920(大正9)年
『婦人世界』9月号

1921(大正10)年
『婦人世界』7月号

1921(大正10)年
『婦人之友』8月号

1924(大正13)年
『主婦之友』7月号

1925(大正14)年
『主婦之友』新年号

1927(昭和2)年
『婦人世界』5月号

1929(昭和4)年
『主婦之友』2月号

1929(昭和4)年
『婦人世界』10月号

1930(昭和5)年
『婦人倶楽部』5月号

1930(昭和5)年
『主婦之友』10月号

1930(昭和5)年
『主婦之友』12月号

1931(昭和6)年
『主婦之友』4月号

1931(昭和6)年
『主婦之友』8月号

1932(昭和7)年
『主婦之友』5月号

1933(昭和8)年
『主婦之友』2月号

1933(昭和8)年
『主婦之友』7月号
 
1934(昭和9)年
『主婦之友』7月号
 
1935(昭和10)年
『婦人画報』5月号
 
1936(昭和11)年
『婦人画報』2月号

1939(昭和14)年
『主婦之友』9月号
 
1939(昭和14)年
『主婦之友』11月号
 
1940(昭和15)年
『主婦之友』4月号
 
1940(昭和15)年
『主婦之友』6月号
 
1940(昭和15)年
『婦人倶楽部』10月号
 
1941(昭和16)年
『婦人倶楽部』4月号
 
1941(昭和16)年
『主婦之友』6月号
 
1941(昭和16)年
『婦人倶楽部』10月号
 
1942(昭和17)年
『主婦之友』3月号
 
1942(昭和17)年
『主婦之友』4月号
 
1942(昭和17)年
『婦人倶楽部』8月号
 
1942(昭和17)年
『主婦之友』9月号

1943(昭和18)年
『主婦之友』2月号

1943(昭和18)年
『主婦之友』4月号

1942(昭和17)年『主婦之友』新年号、1942(昭和17)年『婦人倶楽部』12月号

1949(昭和24)年
『婦人倶楽部』10月号

1950(昭和25)年
『主婦之友』8月号

1951(昭和26)年
『主婦之友』7月号

1951(昭和26)年
『主婦之友』9月号

ビクトリヤ月経帯パッケージ



これはビクトリヤ月経帯のパッケージ缶です。
サイズは文庫本より一回り小さいくらいで縦9センチ、横11センチ、高さ3.5センチです。

パッケージ缶のフタには三号品とあります。
この缶の年代は不明ですが、ビクトリヤの三号品は広告を見た限りでは
1927年頃から1940年頃の広告によくみられます。※1



ビクトリヤのパッケージは価格によって缶入りや袋入りと区別され、
缶のデザインは上記の横型以外に縦型もありました。※2

この縦型のパッケージ缶の画像は、ビクトリヤ発売翌年の
1915年8月発行『婦人画報』に掲載されている広告の一部です。
缶の正面中央にあるポートレートの下にはカタカナでビクトリヤバンドと記されています。※3


関連ページ


※1 1940年頃までの商品分類は一号、二号、三号、月号、花号、雪号としているが、
1940年の途中からA号、B号、C号と記載されるようになり、戦後は再び漢数字で記されている。

※2 ビクトリヤ以外の月経帯もそれぞれ美しいデザインを施したパッケージに入っていた。
佐野宏明『浪漫図案 明治・大正・昭和の商業デザイン』光村推古書院、2010年には、
5種類のビクトリヤをはじめ合計22点の月経帯のパッケージの写真が掲載されている。
他に、カラー写真ではないが、保健衛生器卸売同業会目録編纂所
『保健衛生器卸売同業会(東京)目録昭和5年』には、
エンゼルバンド、スイタニヤなどの月経帯パッケージ11点と月経帯の図が掲載されている。

※3 大和真太郎氏はビクトリヤを製造発売する以前に輸入雑貨商をしており月経帯も扱った。
輸入の際に月経帯はプロテクターと言われていたが、バンドと呼び換えビクトリヤバンドとしたようだ。
(サニタリーベルトのベルトをバンドに呼び換えたという説もある)
店にビクトリヤバンドありますと書いた看板を出したところ、演奏会があるのだと勘違いした
外国人がチケットを求めに来たという話しが初期の大和ゴム製作所の珍談として伝えられている。

最終更新日:2015年11月25日

information

むかしの女性はどうしてた?
女性雑誌の生理用品広告集


・お問い合わせ
nunonapuchu@yahoo.co.jp

・blog 生理用品と古書の雑記

・著書 『布ナプキンはじめてBook』
(泉書房 2012)


サイトマップ

生理用品連絡協議会―Seirenkyo